こだわり

懐石料理 塚越

0120-226-881

〒162-0067 東京都新宿区富久町2-13

lv

こだわり

こだわり

食材

「塚越の仕出し弁当をまた注文したい」「塚越の仕出し料理を出せば誰もが満足してくれる」。
私どもはそういったお客様の声をいただくたびに、なお一層の美味しさの追求に努め、励まねばならないと、気を引き締めております。
新宿の「懐石料理 塚越」の考える、美味しい料理の定義とは、旬で採れ立ての食材を使うことです。
旬で採れ立ての食材を使わなければ、美味しい料理は生まれせん。
だからこそ、食材選びはいっさい妥協することなく、こだわりを持って行っています。
安全な食材を選ぶこともまた、皆様に安心をお届けするために大事なことだと考えています。

鮪へのこだわり

img_kodawari01

新宿の「懐石料理 塚越」では、築地場外に店を構える「一太朗水産」から直に仕入れた鮪だけを使用しております。
築地には、全国から毎日のように数百種類の魚介類が集まり、セリで品質選別されています。
「一太朗水産」は、これらの魚介類の集荷機能や、セリの評価機能を備えた実績のあるお店です。
このお店で当店の目利きが選ぶのは、「セリ立ての美味しい鮪」です。
仕出し弁当・仕出し料理には、もちろんこの鮮度抜群で上質な鮪だけをご提供しています。
「一太朗水産」と「懐石料理 塚越」がこだわって選んだ鮪の味を是非、ご堪能ください。

無添加食材の使用

img_kodawari02

近年、「無添加」が安全を保証するような言葉として使われていますが、実はすべてが安全なものとは限りません。
消費者に誤認させるような表示をしている食品もあるぐらいなので、そうなるとプロの料理人の目を頼るしかありません。
新宿の「懐石料理 塚越」では、「無添加」の中でも、安全性が十分に確認されている食材だけを使用しています。
食材の美味しさを引き立てる調味料についても、無添加のものを厳選して使用しております。
また、お新香、佃煮なども極力無添加のものを添えるようにしており、注文される皆様の健康への配慮に十分努めています。

安全・衛生

例えば、味が評判の料理店に行ったとしましょう。
評判通りの美味しさでしたが、店内やスタッフに清潔感がなかったために、どうも味がぼやけてしまった。
そういう経験をされる方は多いです。
美味しい料理を提供するために、旬で採れ立ての食材を使うことは大前提ですが、そこに安心と安全が加わらなければ、せっかくの美味しさも台無しです。
美味しい料理は安心と安全から始まるとも言われています。
食材の安全性は言うに及ばず、衛生管理も大事です。
新宿の「懐石料理 塚越」は、天然素材でできた抗菌シートで、仕出し弁当・仕出し料理の安全と衛生をお守りしています。

徹底した衛生管理

img_kodawari03

美味しい料理の安心と安全を守るために、新宿の「懐石料理 塚越」では、天然素材を活かして作られた抗菌・鮮度保持剤「ワサオーロ」を使用しています。
三菱化学フーズ株式会社の開発した「ワサオーロ」は、品質保持や衛生管理を目的に、多くの食品業界や店舗で幅広く使われている優れた商品です。
「ワサオーロ」には、ワサビの中に含まれるアリルカラシ油という揮発成分が使われています。
アルリカラシ油は、強力な抗菌力を持っており、食品の鮮度保持や日持ちの向上に役立ってくれます。
当店の仕出し弁当・仕出し料理の安全は、この「ワサオーロ」によって守られています。

料理人紹介

img_kodawari04

新宿の「懐石料理 塚越」の仕出し弁当・仕出し料理は、卓越した腕前を誇る料理人によって作られています。
地元静岡の代々続く料理屋の長男として生を受けた、当店の料理人・内海康治は、祖父の弟子が営む小料理屋を皮切りに、東京の様々な和食処で、その腕を磨いてきました。
その後、7名の弟子を取る親方として、数件の有名店を率いた実績を持っています。
四季折々の食材を遊び心で絶品に変える腕前を持ちながら、それを本人のこだわりとはせず、「基本に忠実」をポリシーに、お客様のお口に合う仕出し弁当・仕出し料理作りに、日々邁進しております。

お問い合わせはコチラ

〒162-0067 東京都新宿区富久町2-13

img_cb

TOP